診断士未登録でも安心のサポートが付いた実務従事サービスを提供開始(特典あり)

合同会社Metamorphose(メタモルフォーゼ)(東京都港区)では、企業内中小企業診断士のスキル向上及び中小企業診断士の登録を目指す二次試験合格者のために、実践的な実務従事サービスの提供を開始します。

 

◆中小企業診断士は実務従事が必須です

中小企業診断士の資格は、更新要件として5年間で30日間以上実務に従事することが義務づけられています。
そのため、普段中小企業の経営に関わりがない中小企業診断士の方であっても必ず実務従事の機会を獲得する必要があります。

特に独立されていない次のような中小企業診断士にとっては、実務従事の機会を得ることは容易ではありません。

  • 中小企業以外の企業にお勤めの中小企業診断士
  • 経験の浅い中小企業診断士
  • 将来独立に向けて経験を積みたいと考えている中小企業診断士

■せっかく取得した中小企業診断士を失効させますか?

5年後あなたは、中小企業診断士の資格を失効させますか。更新しますか。
中小企業診断士を登録するためにどれだけの「時間」や「お金」をかけましたか。
思い出してください。
中小企業診断士を取得しようと思ったのはなぜですか。

せっかく、苦労して手に入れた資格を無駄にしないでください。
更新しなければ、勉強をはじめた時点に戻ってしまいます。

 

◆実務従事の機会を自分で獲得するには

実務従事の機会を自ら獲得しようとすると、「法人営業」が必要になります。
あなたは、ゼロから開拓することができますか?
実務従事は、相手先企業さまの内情を知ることになるので簡単には、実務従事を受けてくれないことは容易に想像がつくと思います。

では、どのようにすれば実務従事の機会を得ることができるでしょうか。主に次のような方法が考えられます。

1.中小企業診断士協会に加入して実務従事事業を活用する

 ●メリット

   おそらく一番多くの方が利用されている診断士協会の実務従事事業は、様々な業種の実務従事
  を経験できます。

 ●デメリット

   協会の加入には、約5万円の年会費が必要となる上、実務従事の費用も必要となってきます。
   およそ、協会会員で1ポイント6,000円、非会員で9,000円程度の費用が必要となります。

2.民間の実務従事サービスを活用する

 ●メリット

   診断士協会の実務従事事業と比較して安い費用で受けることができるサービスがあります。
   もちろんすべてではありませんが、少しでも費用を安くしたい方は、一度比較されてみては
     いかがでしょうか。

   弊社独自サービスなのですが、実務なので成果があればそれに応じた報酬をお支払いします。
   実務従事のポイントと併せて報酬まで獲得するチャンスがあります。

 ●デメリット

   実務従事先の選択肢が少ないことが多いです。
   しかし、相手先の企業によっては、様々な内容を提案できる可能性があります。

 

◆弊社では多様な実務従事内容が選択できます

弊社の実務従事は、弊社も実務従事対象としていますので、スタートアップ時期にあることから、これからいくつもの課題を乗り越えていく重要な時期にありますので、様々な内容の実務従事内容があります。
これは、事業が順調に成長できるかは、リソースが限られる中、外部からの支援が非常に重要なウェイトを占めることになると考えていることもあります。

ご提供できる実務従事の内容としては、事業戦略、新規事業立上げ、新規顧客開拓など多岐に渡ります。

 

◆実務経験のあるインストラクターが指導

弊社の実務従事で指導を担当するインストラクターは、現役のコンサルタントをはじめ、さまざまな実務経験を積んだ他の中小企業診断士と連携して行いますので、より実践的なサポートが可能です。
なお、インストラクターは、全員中小企業診断士の資格を保有しております。

例えば、次のような実務経験を持っております。

  • コスト削減の業務改革戦略の立案経験
  • 事業戦略の展開戦略の立案経験
  • 各種補助金の申請代行(採択実績あり)

 

◆成果に対する報酬

弊社の実務従事は、実務であると位置付けております。
そのため、診断・助言により成果が発生した場合は、成果に見合った報酬をお支払いすべきと考えております。
より、実践的な実務従事の機会を提供したいため、仮に実務従事の結果が売上に繋がった場合は、一定の報酬をお支払したいと考えております。

 

弊社の実務従事サービスが中小企業診断士としてのスキルを高める手助けになれば幸いです。
詳細は、次のサービス詳細ページ(画像をクリックしてください)よりご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です