費用対効果にすぐれたシステムを導入する(導入費用を抑える)コツ

ステムを導入するために必要な費用を知っていますか?
ぜこんなにお金が必要なのか不思議ではありませんか?

システムを導入する費用は、ツール(ソフトウェア)の費用だけではありません。

ソフトウェア以外にも様々な費用が必要になります。
(御社のリソースのみで対応できる場合は、この限りではありません。)

ソフトウェア

システム導入のメインとなる製品自体の費用

初期設定

ソフトウェアを使える状態に設定する費用

カスタマイズ

ソフトウェアの機能を追加・変更する費用

保守サポート

ソフトウェアのトラブルなどに対処する費用

ドキュメント

業務に必要なマニュアルを作成する費用

これらの費用のうち、エンジニアと呼ばれる人が作業する部分の料金は人に依存するので各社で統一した金額はありません。

ざっとご紹介しただけでも、システム導入と一言でいってもこれだけの費用が必要になってきます。

費用は極力抑えたい!

せっかく高いお金を払うわけですから、実際に業務で使われない機能や使いづらい機能が導入後に判明したら、ものすごくもったいないですよね。
実は、導入後に使われない機能や使いづらいことが判明するケースが本当によくあります。

 

しかし、システムを販売する側からすると少しでも高く売りたいという心理が働きます。多少使わない機能があったとしても高機能な(=利益が高い)システムを販売したいし、手厚い(=過剰な)サポートでも致し方ないと考えてしまいがちです。

もし、勧められるままシステムを導入すると・・・?

実際にあった事例をご紹介します。

  • 使わない機能がいくつかあり過剰な投資をしてしまった。
  • 担当者が必要と言って機能を追加したが業務で使う機会がなかった。
  • 提案された金額が妥当な価格なのかよく分からないまま導入した。
  • 導入後に業務の手順と合っていない機能があって使いにくかった。

余計な費用を払わずに済む3つの方法

〜を整理する

システムの必要な◯◯を整理してシステムベンダに提示します。

〜を確認する

業務とシステムの◯◯◯を比較してシステムを検討します。

〜を調査する

システムの◯◯が妥当か複数の◯◯◯を取得して比較します。

3つの方法を詳しく知りたい方は、次のボタンから今すぐお問合せください。

トータルサービスで解決!

3つの方法を実践するには、システム導入の経験、業務とシステムの要件を整理した経験などが必要となってきます。
しかし、これらの経験やスキルがある人材を自社で採用することは、コスト面からしても決しておすすめできる選択肢とはいえません。

そこで、弊社のサポートサービスでは、経験のあるコンサルタント(中小企業診断士)がサポートしますので必要な分だけワンストップで対応が可能です。
また、独立した第3者の立場で対応することにより、公平な対応が可能となっています。

お問合せ

ご対応できる件数には限りがありますので今すぐご相談ください。

お問合せの種類 (必須)
  まずは相談したいサービスの申込みをしたいその他のお問合せ

会社名
  

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問合せ内容 (必須)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です